健康と美の救世主!ビタミン活用術【皆美しくなりたい】

身体の健康を維持する

男の人

欠乏しないようにするには

健康食品やサプリメントなどのほか一般の食品に添加される栄養素としてビタミンがあります。ビタミンの役割としては、生物の生存と生育に微量に必要な栄養素のことです。炭水化物やタンパク質、脂質とは異なり直接栄養となることはありませんが、ビタミンによってその他の栄養素を上手く活かすことができるもので人間を含めた生物にとって無くてはならない栄養素であり欠乏することでさまざまな身体への悪影響が発生します。特に日本では副食が十分でなく白米中心の食生活をしていることによってビタミンが欠乏することで起こる脚気が知られており、副食が充実するようになった1950年代まで毎年多くの患者を出していました。食生活に気をつければ欠乏することは少なくなっていますが、それでも偏食や必要なビタミン量を摂取することができなければさまざまな問題を引き起こします。ビタミンの種類は多様ですが、おおまかにわけると水溶性と脂溶性があります。脂溶性は油脂に溶けるため身体に取り込まれやすいもので、水溶性は尿などを通じて体外に排出されます。水溶性は排出されやすいため少量を頻回とることが良く、脂溶性は油と一緒にとると吸収がよくなります。ただし摂取量が多ければ良いというものではなく許容量を守ることやその他の栄養素にも気を使うことが大事です。ビタミンの種類はアルファベットが振られていますが脂溶性とされるものはA、D、E、Kで、水溶性はBとCがあります。特にビタミンCやビタミンB1はビタミンの中でももっとも馴染みのあるものです。

Copyright© 2018 健康と美の救世主!ビタミン活用術【皆美しくなりたい】 All Rights Reserved.